All posts by Education Street

南の島トンガにLet’s Go!

今年の1月に放送された「世界の村で発見!こんなところに日本人」で出演したトンガ王国在住の日本人女性とキッズともに、トンガのトリビア満載のクイズ大会を行います!(緊急連絡!再放送が決定しました!詳細は下部へ。)

南の島「トンガ」と言ってもどんなところかなかなか想像できません。
そこで同世代の子どもたちと一緒に天気の良い日曜日に自然の中でトンガのトリビアを紹介します。
ジャングルや海を散歩しながら、「えーっ!うそー!」と言いながら
テレビでは味わえなかったトンガの魅力も紹介できるでしょう!

・トンガってどんなところなの??
・トンガにはどんな動物や植物がいるの?
・その他色々な質問にも答えます

目的
〇大人の講義ではなく、子ども目線でトンガを紹介し、子どもたちが素直に楽しめる内容で、心のリフレッシュを目指す
〇SDGsなど多様性社会を肌で感じる機会の創出
〇テレビに出た人と交流して楽しめる

参加方法
Zoomのビデオ会議アプリを使って参加します。

開催日

第2回 7月26日(日曜日)午前10時から(終了しました)

第1回 6月7日(日曜日)午前10時から(終了しました)

トンガが通信環境、天候不良の場合、順延する予定があります。

ご期待下さい。

緊急連絡!番組の再放送が決定しました!
「世界の村で発見!こんなところに日本人」特別編
6月9日(火)よる7時放送
https://youtu.be/qLUEjCeqk5E


協力 特定非営利活動法人VFCP

家にいながら出来る、家庭での教育「子どもの未来が変わる英語の教科書」出版記念

終了しました。

「子どもの未来が変わる英語の教科書」出版記念
家にいながら出来る、家庭での教育

3万人の中から選ばれた「グローバルティーチャー賞」トップ10に選ばれた正頭英和先生がこの休校期間中に家庭で出来る教育について講演行います。質疑応答もあります。

グローバルティーチャー賞とは
先行している立命館小学校のオンライン授業
英語の学び方
休校中の児童の過ごし方、勉強方法など

保護者向けの配信です。

正頭 英和 先生
立命館小学校 英語科教諭/ICT教育部長。
1983年大阪府生まれ。関西外語大学外国語学部卒業。関西大学大学院修了(外国語教育学修士)。
京都市公立中学校、立命館中学校・高等学校を経て現職。「英語」の授業に加えて「ICT科」の授業も指導する。
2019年、「教育界のノーベル賞」と呼ばれる「Global Teacher Prize 2019(グローバル・ティーチャー賞)」トップ10に、
世界約150ヵ国・約3万人の中から、日本人小学校教員初で選出される。
AI時代・グローバル時代の教育をテーマにした講演も多数。


世界トップティーチャーが教える 子どもの未来が変わる英語の教科書

●重視されるのは、「知識」から「経験」へ。
●育むべきは、「問題解決能力」から「問題発見能力」へ。
●いちばん強いのは、失敗できる子。
●子どもに将来の夢を聞いてはいけない。
●必要なのは「やめる勇気」。

グローバル化により言語や国のボーダーが壊され、
AIが数々の職業を奪うと言われる今。
すでに、これまでの教育・子育ての常識が通用しなくなる時代を迎えています。
自分たちの価値観をベースに、
自分たちが受けた教育を子どもたちにそのまま与えていても、
このAI時代、グローバル化する社会を生き抜いていけるとは限りません。
大人たちはこれまで信じてきた常識のシフトチェンジに対応する必要があります。

2019年、「教育界のノーベル賞」と呼ばれる
「Global Teacher Prize 2019(グローバル・ティーチャー賞)」トップ10に、
世界150ヵ国3万人の中から選出され、
国内のICT(インフォメーション&コミュニケーション・テクノロジー)教育を牽引する著者が、
未来を生き抜く子どもたちを育てるために、
大人たちはどのように意識をアップデートするべきなのかを説きます。

キーワードのひとつは「英語力」。
テクノロジーが言葉の壁を壊してもなお、英語力を身につけることが必要なのは、
英語学習が、これからの時代に必須の武器となる「行動力」をブーストするから。
AI時代、グローバル社会に耐える「本物の英語力」を
子どもに身につけさせるための学習法もレクチャーします。

もうひとつのキーワードは、まさに「行動力」。
ググればすぐに正解が見つかる時代。
AIに取って換わられない能力として求められるのは、
「学力」よりも「行動力」、「問題解決能力」よりも「問題発見能力」です。
「行動力の時代」にいかに対応するべきか。
親たちが学んだことのなかった実践への提言です。

初めての人のためのScratch講座

初めてScratchを使うお子様のために「作って学ぶScratchドリル」著者でエンジニアの瀬戸山 雅人さんに、特別に開催していただくことになりました。

4月27日(月)午後1時〜(約2時間)
Zoom会議形式

終了しました。

瀬戸山 雅人さんのプロフィール

大手SIerで勤務後、株式会社ベストティーチャーの起業に参画し、オンライン英会話サービスを開発。

その後、企業向けにビジネス研修を行う会社にeラーニング開発のエンジニアとして勤務後、現在は、エースチャイルド株式会社で子ども向けのサービスを開発中。

大学、大学院時代には生態学を学び、マメゾウムシという昆虫の研究活動の中でRや統計学の基礎を学習した。

著書に『作って学ぶScratchドリル』、共訳書に『RとRubyによるデータ解析入門』『Rグラフィックスクックブック』『Pythonによるデータ分析入門』 『Rパッケージ開発入門』(以上オライリー・ジャパン)。

Hack for Play

4月20日 午前10時〜(約2時間)
RPGゲームを作りながらプログラミングが学べるHack for Play(ハックフォープレイ)を開発者本人からレクチャーしていただけます!!

RPGゲームを作りながらプログラミングが学べるHack for Play(ハックフォープレイ)を開発者本人からレクチャーしていただけます!!

4/17 13:30 参加 [Teams利用]

当日までにTeams(ビデオ会議ソフト)を使えるようにしておいて下さい。

CoderDojoのみんなには、有料版アカウントを無料で提供していますので、事前にお申し込み下さい。

寺本 大輝さんプロフィール
1994年生まれ。16歳でプログラミングと出会い、その面白さに感動しプログラミングの虜になる。2014年7月にHackforPlayを開発し、CVCK Award 2014で優秀賞を受賞。同年12月に金沢で起業。2015年に起業家甲子園で総務大臣賞,マイクロソフト賞,セプテーニ賞,D2C賞,KLab賞を受賞。IPAの実施している未踏IT人材発掘・育成事業に採択され、2015年度未踏スーパークリエータに認定。総務省「プログラミング教育事業推進会議」に委員として参画。自社サービスを開発する他、子供向けのワークショップなども開催している。

地球を止めるな!〜みんなのSDGs会議〜

これからSDGsの学習に取り組もうと思っている人、子供達向け、保護者向け、教育関係者向けのイベントになります。
新型コロナの問題で学校に通えていない今、こうした課題にも取り組みたいと思っている方々、是非参加してください。
Zoomでの開催になります。先着50名まで。

地球からのSOS!(SDGsとは)
日本の国・企業・地域・学校とSDGs(取り組み紹介)
自分とSDGs(グッドライフ目標に挑戦しよう!)
話し合い(みんなのプロジェクト・テーマを大募集!)
講師:柳沢富夫、木村京子

SDGsは国連が全会一致で決議した2030年までに達成する17の目標で、近年多くの中・高入試問題でも採り上げられています。

プロジェクト:No.1 テーマ「なぜ今SDGs?」
開催日時:2020年4月14日(火)午後1時スタート 1時間程度
開催方法:zoom会議形式

プロジェクト:No.2 
開催日時:2020年4月23日(木)午後1時スタート 1時間程度
開催方法:zoom会議形式

プロジェクト:No.3
開催日時:2020年5月4日(木)午後1時スタート 1時間程度
開催方法:zoom会議形式
協力(有)ラウンドテーブルコム 国際的学習プログラム研究委員会及びSDGsポイント研究所 @ジャパン

お申し込みはこちらへ
https://www.roundtable.co.jp/company/?p=2114

ScratchでAI(人工知能)を使おう

ML2Scratchの開発者直々機械学習を使った画像認識をステップバイステップで紹介してもらいます。
マレーシアのCodeClubのお友だちも同時に参加する予定です。

協力:石原淳也様、Aimy Lee(Penang Science Cluster)

4/17 午前10時〜

Teamsで開催します

終了しました。

グレードアップ問題集小学1年算数 文章題

Z会の通信講座は小1の辞典では物足りなく感じましたが、それ程難しくは無いけれど、考えて解くような問題が多くオススメです。
改めてZ会の通信講座、ハイレベルでもこの程度の問題もなかったのには悔しく感じます。

厚い本ではありませんが、これで800円程度なら良いんじゃないかと思います。
通信講座なら毎日算・国を1ページづつ出来るのですが、こちらですと週1で1年弱。
シリーズでそろえても毎日勉強させる習慣という意味ではちょっと足りません。